フリーローンのキャッシング利用者とは違う

総量規制対象外のおまとめローンでは、多重債務の解消ができます。
担保の保証人もいらないのですが追加融資などはできません。

 

キャッシングではない?

おまとめローンは、フリーローンとは違いキャッシングではなく、返済専用のローンです。
ですから、カード発行をしたとしても、返済にだけ使うものです。
契約としては、証券貸付と言って、目的ローンです。
ですから、総量規制対象外(住宅ローンや自動車ローンと同じ)になり、年収3分の一と言った限度額の制限はありません。
各金融業者のまとめローンの限度額によって決まります。
他社借入の制限もあり、何件でも良いわけではありません。
それが審査の厳しいところです。
キャッシングではなく、完済のためのお金です。
手元には現金が来ないため、キャッシング利用者ではないということです。

 

 

新規借入ができないからおまとめローン

例えば、大手消費者金融で3社目のフリーローンの申し込みをしてダメだったから、おまとめローンの申し込みをする。
これは必ず審査落ちです。
総量規制で借入可能額があったとしても、多重債務の件数でもおまとめローンの審査チェックが入ります。
反対に、おまとめローンに申し込みをしたけれど、審査落ちだったからフリーローンにする。
可能性は少ないですが、まだフリーローンの審査の方が多少は厳しくないです。
しかし、大手では複数の借入がある場合は、フリーローンも厳しい審査になります。

 

貸金業法のおまとめローン

消費者金融でのおまとめローンでは、銀行カードローンの借入は含まれません。
ですから、大手消費者金融1件、銀行カードローン1件のまとめローンはできないことになります。
総量規制対象外ですから、年収3分の一の縛りもありませんが、年収が◯万円以上と決まっている場合もあります。
それだけフリーローンよりも審査基準ハードルは高いということになります。
審査内容としては、信用情報で返済実績があり、勤務先への在籍確認は当然ですが、勤続年数も長い安定した収入なども必要です。
口コミでは、パートよりも正社員の審査通過率が断然高いと言われています。
銀行系消費者金融であるほど、なかなか契約ができないとされています。

 

 

他社借入は少ないほうが良い

現在3社の他社借入がありおまとめローンに申し込みをするよりも、2社にしてからの申し込みがベターです。
金額や期間にしてはたいしたことがないにしても、信用情報で借入額が少しでも少ないほうが良いです。
返済に関しては、高いおまとめローンの方が金利も下がり返済負担が小さくなるのですが、審査では、金額が下がるほど審査は通ります。
ただし、年収が高いなどの場合、返済能力が高いと判断され、審査は通りやすくなります。

フリーローンのキャッシング利用者とは違う関連ページ

東京スター銀行のおまとめローン
審査は甘いか?厳しいか?審査は厳しい部類です。 三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローンなどのネットで申し込める銀行のキャッシングは厳しい審査と認識されています。東京スター銀行が注目されるのは、比較的新しい形の商品が多いからです。店舗もありますが、主流としてはインターネット内の取引きです。
貸金業法と銀行法の違いと多重債務解消
審査の甘いおまとめローンと言うのはあまりないでしょう。どの貸金業者も金融機関もフリーローンよりも審査基準のハードルをあげています。・多重債務解消が目的のはずおまとめローンを金融機関で多重債務完済代行することが多いです。申し込みの時に他社借入金額を提示。
じぶん銀行のおまとめローン
ネット銀行のまとめローンは低金利です。ただし、100万円以上であることでその金利の低さを実感することができます。個人信用情報機関に事故情報がある方は審査通過は難しいですが、ネット専業銀行のおまとめローンとして注目すべき内容は大手です。・じぶん銀行のおまとめローン