金融事故がないのなら、銀行おまとめローンがおすすめ

フリーローンのキャッシングの審査とおまとめローンの審査は内容が少し違う


個人信用情報、申込情報などの確認などは同じですが、より高い返済能力が要求されます。
その理由は、フリーローンよりも高い借入額になるからです。

貸金業者としては損をしたくない

審査をする上で、完済できることが最低条件になります。
多重債務を1つにするおまとめローンは、消費者金融では総量規制対象外とされることから、借入額が大きいことが多いです。
各金融会社ではフリーローンよりも高い利用限度額を設定していますが、その金額に見合うだけの収入の有無とそれに関する属性の高さも審査基準にあります。
一応、パートやアルバイトでもおまとめローンの審査は受けられますが、借入額によっては、年収を越えてしまうこともあり、そうなると審査落ちです。
勤務先の在籍確認云々ではなく、借入額が大きいことで、最初から審査できないこともあります。

おまとめローンの申し込みブラック

大手消費者金融のおまとめローンでは、フリーローンよりも確実に低金利です。
あちこちのおまとめローンに連続して申込をしたり、同じ消費者金融で何度も申し込みを続けると、申し込みブラックになります。
これは融資額に関係なく、最初に審査落ちをしたのなら、今回は諦めなければならないということです。
また、申込の時間違った情報の入力、これは勘違いでも故意でも、個人信用情報機関の内容と違う場合も申し込みブラック融資になります。

特に、多重債務の借入件数や借入額の数字の違いは致命的です。
3件の多重債務者なのに、2件と入力するのも危険です。
申込の時の間違いと、審査落ちを何度も繰り返すことで、この先半年間の一切のキャッシング審査が通らないことになります。

ただし、大手消費者金融や銀行カードローン審査の場合だけで、中小消費者金融では審査通過もあります。
消費者金融系にこうした事故情報に関しては、全て個人信用情報機関に報告が行きますから、ごまかしはきかないです。
当然ながら、勤務先が違う、電話番号が間違ったなどのケアレスミスも審査落ちになります。

銀行のおまとめローンがお得

借入状況が返済でそんなに苦しくない、借り入れ額もそれほど多くない方は、東京スター銀行、楽天銀行などのおまとめローンサービスがお得です。
消費者金融業者と比較をして低金利で、返済負担が小さくなります。
銀行のおまとめローンは総量規制も無関係で、消費者金融、信販会社すべての借金をまとめることができます。

借入希望額もワイドです。
金融事故情報が1つもなし、これまで銀行カードローン審査も大手消費者金融審査も落ちたことがない方限定です。
各キャッシングの保証会社できちんと保証される方なら、銀行のおまとめローンが最適です。

金融事故がないのなら、銀行おまとめローンがおすすめ関連ページ

借入件数・借入額が多い多重債務者は審査落ち
借入件数・借入額が多い多重債務者は審査落ち。消費者金融会社のおまとめローンは、多重債務解消の一つの方法。メリットとしては低金利で1つの返済で済むことですが、デメリットもあります。そして、審査は厳しいので、誰でも契約ができる金融商品ではありません
審査は厳しいけれど、デメリットもある
審査は厳しいけれど、デメリットもある。おまとめローンの大きなデメリット。それは、案外と知られていないことなのです。消費者金融では、おまとめローンに関しては総量規制対象外としていて、年収3分の一以上でも扱っています。
中小消費者金融のおまとめローン
中小消費者金融のおまとめローン。多重債務解消であれば、中小消費者金融のおまとめローンも一つの手。おまとめローンの審査に通る中小消費者金融では、債務整理と選択を迫られることもあります。本来、債務整理しなければならない程の多重債務者なら、最初からおまとめローンとの比較はしないでしょう