借入件数・借入額が多い多重債務者は審査落ち

消費者金融会社のおまとめローンは、多重債務解消の一つの方法


メリットとしては低金利で1つの返済で済むことですが、デメリットもあります。
そして、審査は厳しいので、誰でも契約ができる金融商品ではありません。

多重債務者対象とは言うけれど
おまとめローンにも借入限度額があります。
年収以上のローンは組めません。
総量規制は年収3分の一で、おまとめローンはそれ以上の借入はできませんが、極端に多い多重債務額では、審査は通りません。

大手消費者金融のまとめローンでは、借入件数は3社程度が限界です。
借入額もそんなに多いのは対象外になります。
本来多重債務だけを解決するだけのおまとめローンではなく、現在も余裕のある返済ができていること、あまりに多い借入件数、借入額ではないことは、審査基準の厳しさが物語っています。

債務整理かおまとめローンという選択はないのです。
もし、現在おまとめローンの審査に落ちたとしても、フリーローンの返済を続け借入額を小さくしてから申し込みをすると良いでしょう。
その時に3社の借入件数が2社になっていれば、条件は良くなっていきます。
完済実績があることも審査される事になり、金融事故もない個人信用情報であることも大切な要件です。

消費者金融大手がおまとめローンでポイントとすること
ずばり収入です。
それも、正社員であり、昇給の見込みがある。
公務員や上場企業であれば有利です。
また、信用で言うと勤続年数が長い方は優遇です。

例えば、おまとめローンはパートやアルバイトの方でも審査対象になりますが、長くパートを勤めている方などは、信用度は大きいです。
総量規制無関係とは言え、収入に応じた借入金になってしまうのですが、審査段階で言うと、長い勤続年数がある方は、審査基準をクリアする可能性は大きいです。
貸金業者では、勤続年数が長いほど、全ての審査に有利になります。

金融事故はNG
個人信用情報機関での異動情報は、大手消費者金融や銀行カードローン審査では通過は難しいです。
おまとめローンでは絶対的にNGです。
延滞をしていたり、多重債務も4社など多すぎの場合、金融事故として登録されています。
その時点で審査は難しいですが、これも頑張って返済を続けて、延滞をしない、借入件数を減らして行くことで。おまとめローンの審査が通ることもあります。

時期尚早ということで、ブラックではない方は、借入件数と借入額を減らしてからトライしてみて下さい。
おまとめローンの審査落ちはブラック、金融事故ではありません

借入件数・借入額が多い多重債務者は審査落ち関連ページ

金融事故がないのなら、銀行おまとめローンがおすすめ
金融事故がないのなら、銀行おまとめローンがおすすめ。フリーローンのキャッシングの審査とおまとめローンの審査は内容が少し違う。個人信用情報、申込情報などの確認などは同じですが、より高い返済能力が要求されます。その理由は、フリーローンよりも高い借入額になるからです
審査は厳しいけれど、デメリットもある
審査は厳しいけれど、デメリットもある。おまとめローンの大きなデメリット。それは、案外と知られていないことなのです。消費者金融では、おまとめローンに関しては総量規制対象外としていて、年収3分の一以上でも扱っています。
中小消費者金融のおまとめローン
中小消費者金融のおまとめローン。多重債務解消であれば、中小消費者金融のおまとめローンも一つの手。おまとめローンの審査に通る中小消費者金融では、債務整理と選択を迫られることもあります。本来、債務整理しなければならない程の多重債務者なら、最初からおまとめローンとの比較はしないでしょう