まとめローンとは借り換えのこと、その条件とは?

現在消費者金融などでお金を借りている方で、もっと低い金利の消費者金融に借り換えが可能なら是非考えてみてください。

そんなことが可能なの?と思う方も多いですが、実は条件が揃えばできるのです。
消費者金融は総量規制の関係から、年収の3分の一の範囲内なら、原則的にいくらでも借り入れができます。
年収が600万円の方なら200万円までということです。
それが複数の金融会社に渡る場合も、総額で200万円という計算になります。
これ以上は無理です。
A消費者金融100万円、Bカードローン50万円の借金がある方は、後50万円借り入れが可能になります。

 

この150万円の借金ですが、今よりも安いローンなどがある場合、もう50万円しか借り入れができないから、借り換えは無理。
それは、消費者金融からの借り入れは出来ませんが、まとめローンとして、別のキャッシングの扱いであれば可能な場合があります。

 

まとめローンの宣伝文句に、複数の借金のまとめ完済利用にどうぞと言うものがあります。
これは、借金をまとめることで完済をすることわ目的としたものですから、上記の場合150万円のまとめローンを借りて、A・Bの借金を完済してくださいと言うものです。
そして、あとから、まとめローン1本の返済をしていきましょうということです。

 

まとめローンの商品の特徴として、一般的には金利が低いものが多いとされていて、借入金額が大きいほど、金利も下がることにあります。
ですから、複数の借金返済をしているときよりも返済額が小さくなっていくのです。

 

これが借金の借り換えということです。
ある条件と言うのは、

  1. 過去に返済に対して滞納や遅延がない
  2. 近年で、債務整理を行っていない
  3. 一定の職業に数年以上就いている

などです。

 

要するに、金融会社が定める審査に通過しなければならないのです。
その時、借金があるのはわかっていますが、返済能力がきちんと証明されることが絶対条件となっています。

まとめローンとは借り換えのこと、その条件とは?関連ページ

相反する?リボ払いとまとめローン
返済負担を小さくできるリボ払い、ショッピングクレジットとしても、キャッシングでもとても便利です。毎月定額のお支払ですから、いくつか使っても、返済額が大きくなることは一切なし。安心して、クレジットカードの使用ができます。
まとめローンの申込、ちょっと待った!
メガバンクの銀行カードローンは、基本的には総量規制対象外です。総量規制は、年収の3分の一の借り入れが出来ないことになっていますが、対象外ということであれば、それ以上の借り入れが可能ということです。しかし、200万円の年収の方が200万円ということは絶対にないことです。
選択の余地はきっとある!まずはまとめローンから
究極の選択として、まとめローンか債務整理。借金の返済に関係する2つの方法ですが、内容的に言うと、どちらも返済額を下げることができるということです。決定的な違いは、まとめローンは元金は変わらず利息が減るだけ、債務整理の場合は、元金そのものも大きく減らすことができるということです。